So-net無料ブログ作成

ストロベリーナイト 4話あらすじ(ネタバレ) [ストロベリーナイトあらすじ(ネタバレ)]


ストロベリーナイト 4話あらすじ(ネタバレ)

『過ぎた正義』

ストロベリーナイト4話あらすじネタバレ竹内結子過ぎた正義

今、一番勢いのあるドラマ「ストロベリーナイト

そんなドラマの記事を書かせていただいて
大変光栄です。

前回のド迫力の姫川を世の中に存分にさらしてくれた
竹内結子さん。

今回はどんな“やさぐれ姫川”を見せてくれる
のでしょうか。

期待は高まる一方です。

< ストロベリーナイト 4話あらすじ(ネタバレ) >

姫川玲子(竹内結子)は刑事になる前から、
少年刑務所をたびたび訪れていたようです。

なぜなら、収監されている英樹と面会することと、
彼の父、倉田修二(杉本哲太)に会うこと。

英樹って誰なんでしょう?
 杉本哲太には“夜苺~ストロベリーナイトの戦慄~ ”
 で少し登場してましたね。
 
 しかし杉本哲太さんて何て犯罪者カオなんでしょう。
 絶対、第一印象では犯人なんですがね。

ストロベリーナイト4話あらすじネタバレ杉本哲太.jpg

⇒(参考)★ 杉本哲太 もちろん普通の役も出来ます(コチラから)

3か月前、玲子は監察医の國奥定之助(津川雅彦)から
一通の手紙と不審死についてのファイルを受け取る。

そこで事件が起こる。
アパートで老人が刺されて死亡。
姫川班は3人の少年を逮捕した。

てかこういった少年犯罪ってすぐに出所が
 できるんですよね。

 一体いつこの制度は廃止・改善されるのでしょうか。
 少年もバカではないので、それを計算に入れて
 犯罪を故意に起こす少年・団体が必ずいるんですがね。

 まあ私が熱くなってもしょうのない話ですが。
 (いやいや、それでも熱くなります)

玲子たちは軽い刑で出所あるいは
無罪となった者たちの近辺を追跡。

そんな中、捕まった少年が2年で出所し転落死など
出所した少年らがその後怪死する事件が気になりだす姫川さん。

ここで野生の感が働き、共通点を探る姫川班は
怪死した3人が同じ捜査員、なんと倉田修二に
追跡・逮捕されていることを突き止めたところで・・・

杉本哲太さんは捜査員だったの??
 いやいや本来逆でしょう・・・

それではまた本編放送後に。





コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

広告スペース
Copyright © テレビドラマあらすじ・感想・視聴率などまとめ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。